2009年05月21日

肉とダンス・カルチャーの明るい未来

宿口 豪 http://www.blenblenblen.jp

皆さん、肉喰ってますか〜?

5月の連休最終日にウチの店恒例の多摩川シュハスコをやりました。

シュハスコってな〜に?という方も多いことでしょう。
シュハスコとはブラジル式のバーベキューです。

一般的なバーベキューと何が違うか?

まず、塊肉を豪快に焼いて、焼けたところを削ぎ落として食べるという点に特徴があります。
しかし我々は人数が多いということもあり、スライスして焼いちゃうものが多いんです。

じゃあ他に何が違うんだよっ!と言われれば、味付けが違います。ココがポイントですよ。

我々日本人が鶏肉を色々な部位に分け、串焼きにして焼き鳥を楽しむように、ブラジル人は牛肉を細かな部位で楽しむワケですよ。

そしてその部位に合わせて様々な味付けがされるのです。ブラジルの味付け3つの要素、塩・にんにく・ヴィネガー(もしくはライム汁)を中心にマリネ液を作り、肉をじっくり漬け込んで焼くのです。

でもシュハスコの基本といえば、岩塩ですよ、塩のみ。

そう、牛肉を塩味で頂くのです。コレがビールに合うんだな、サイコー!

特にシュハスコの花形、ピッカーニャ(イチボ)に岩塩をパラリとかけて焼き、そこに野菜のヴィネガー和え(モーリョといいます)をかけて喰らうのが、もうたまりません。

決して軟らかくないですよ。噛んで噛んで肉の旨みを味わうんですよ。
肉ってそうやって味わうもんだと思います。マグロでいえば美味い寿司屋の赤身って感じかな。中トロでもトゥー・マッチというか。脂のノリよりも旨みを重視しちゃいますね。

日本の焼肉屋で特上カルビのタレを食って「やわらか〜い、溶ける〜ぅ」とか言ってるヤツの口にピッカーニャの塊を突っ込みたくなります。
シュハスコの味を覚えると焼肉屋とかストレス感じるかも。

そして牛肉以外にも、鶏ハツ、ソーセージ、豚バラ、鳥手羽、海老、パイナップル、いろいろ焼きまくりっスよ。

そんなシュハスコ、渋谷でも食べることができます。僕の超お気に入り店デース。是非行ってみてくださいね!


そんなこんなで多摩川のシュハスコだったワケですが、当日はあいにくの悪天候となってしまいました。

前日の予報は降水確率30%、曇り時々雨ってな感じだったので、なんとかなるだろうと見切り発車したらマンマと雨が。
しかも気温もグングン下がり風はビュービュー、フジロックフェスティバルの1回目のようだ、なんて声も聴かれるような壮絶な有様。

川の中州で焼いていたのですが、警備のオッチャンから「このままだと川が増水して中州に取り残されるぞ〜」なんて忠告をもらったのですが、まさかねー、なんてダラダラ焼きそばを焼いていたワケですよ。
すると午後5時頃でしょうか、いよいよホントにヤバいらしいという連絡を受けたものですから、慌てて荷物をまとめて河川敷に移動したんですけど、ものの15分で本当に中洲への道が川の流れに消え失せましたよ。ビビるわ〜。
危うく新聞に「バカなブラジル好き集団、中州に取り残され大迷惑」的な見出しが付いてしまうところでした。
皆さん、自然をナメないでくださいね!

そんなドタバタ劇にもかかわらず、当日90人を越える方々に来て頂きました!
正直そこまで来てもらえるとは思わなかったのでビックリ、感激でした。
僕が地元群馬県大泉町に帰って用意してきた40`の肉は若干余りましたが、みんなモリモリ喰らっていただきました。

晴れていたら130人オーバーだったと予想されるので、完食してもらえたことでしょう。みんな肉好きなんですね!


さて、当日参加者の方から「雨なのにこんなに人がいっぱい集まるのスゴイね〜、クラブ・イベントだってこんだけ集めるの大変なのに〜」なんてお褒めの言葉を頂戴したのですが、なるほどねぇ〜なんて思ってしまったワケです。

確かに僕が昔レギュラーでやっていたパーティーも、小箱とはいえマックスで60人くらいしか呼べてなかったかもな〜、なんて。
DJもライブもナシ、肉だけで100人集まるんだから、やっぱり肉ってスゲー!って思ったのです。
こないだのB+2イベントには250人もの方に来て頂きましたが(ありがとうございました!)、もし『B+2+肉』だったら300人オーバーだったかも!

かつてディスコ全盛の頃ってエントランス・フィー払ったら店内ではフリー・ドリンク、フリー・フードだったんですよね?
それってやっぱり嬉しいッスよね、特に若い連中には。

味はともかく、腹が満たされることが保障されてるんだから、そりゃ踊りに行くだろうな〜なんて。
万が一音楽がつまんなかったり、イイ女・男がいなくても、最低限食い物があればハズした感は和らぐというか。

今のクラブって食べ物扱ってないのに再入場禁止だったりするじゃないですか。
やっぱり踊ったり酒飲んでると、どうしても小腹減りますよね。
美味しいもの飲んで食いたいからタダじゃなくてもいい、せめて食べ物扱ってほしいな〜。

そこで提案!

クラブで肉を出したらいかがでしょうか!?

焼いた肉をサンドしたものでもいいし、ラップ・サンドみたいなものでもいい。牛でもチキンでも豚でもいい。
とにかく食べやすい肉料理を出したら、人気でるんじゃないスかね。

肉は人を惹きつける力があります。音楽、酒、人、そして肉。
ダンス・フロアーの片隅からほんのり肉の焼ける匂いがすれば、みんな「このイイ匂いはどこだ?」ってなるに違いない。みんな買うよ、少なくとも僕は買うね。

海外のクラブとか行った帰りにみんなケバブ喰うでしょ?やっぱり肉だよ。

そういえば僕もDJで参加させてもらってる人気イベントSamba-Novaでは昔からフード・ブースだしていますよね。みんなブラジル飯楽しみにしてるよね。サスガ、先見の明があるネ、ナリータ。

肉を出せば集客に大いに貢献することは間違いない。
ダンス・カルチャーの明るい未来は肉が切り拓くのだ〜!
posted by ベーマイストレス at 17:24| Comment(0) | ブログ