2009年09月25日

秋、大好き〜!

Bar Blen blen blen  宿口 豪 http://www.blenblenblen.jp

秋ですな。
大好きな秋ですよ、一番好きかもしれない。

食欲の秋ですよ。
でもサンマは8月の方が美味いけどな。

スポーツの秋ですよ。
何もしてないや、チャリンコに乗ってるくらいか?

読書の秋ですよ。
今月はまだ税金の本しか読んでないよ、必要に迫られてな(誰か俺に金をくれ)。


ということで、芸術の秋なんです、ハイ。

さあ、ブラジルからの新しい音楽、秋になっていっぱいリリースされてますよ〜。
ラティーナで買いまくりよ。

例えば、コレだ!
}`i[A.jpg

Mart’nalia(マルチナリア)の『Minha Cara』。

90年代にリリースされていた音源の復刻盤だって。
ジャケはまるで香取慎吾だが、中身は極上のメロウ・サンバ集だよ。

とは言ってもNRTからリリースされてる名作『Menino do Rio』のような清々しい洗いざらしのサンバじゃなくて、アーバンな感じよ。

リオ的アーバン感ね、夜の感じ?

例えば、クラブで遊び疲れた深夜3時、ホテルのあるコパカバーナ海岸に向かうタクシーがアトランチカ大通りに入った時に、カー・ラジオからこんな曲がかかったら・・・死んじゃうね、サイコーすぎて。
ああ、死んでしまうとも。

レーベルはビスコイト・フィノ。間違いないでしょ。


そして大本命、Ana Carolinaの『Nove』!
AiEJ[i.jpg
プロデュースはなんとカシン、マリオ・カルダート、アレ・シケイラ。
コレはヤバい!

ゴタン・プロジェクトを彷彿させるタンゴ・ミーツ・エレクトロニカな楽曲あり、ヴォコーダーや太いホーン・セクションが鳴り響く、カシンのプロデュースが冴え渡るサンバあり、去年リリースされたアルバムがブラジル音楽ファンの間でも話題を呼んだ、エスペランサ・スポルディングが華を添える美しいスロウ・ナンバーありの大充実作よ。

極めつけはジョン・レジェンド(!)とのデュエット!!

スゲーいい曲

死ぬ!ああ、死んでしまう、イイ曲過ぎて〜♪

どういう経緯でこの奇跡のデュオが実現したんだろう、誰か教えてください。

アナ・カロリーナの曲って日本の秋にぴったりなんだよな〜、不思議よね〜。

これからブラジルは夏に向かっていくので、新譜のリリースも加速していきますから、年末前後までは要チェックですね。


さあ、芸術は音楽だけじゃないよ。

映画もヤバイ!

ブラジル映画祭、今年もはーじーまーるーよーー!

東京は10/3〜9、場所は渋谷シアターTSUTAYA、大阪は10/10〜16、場所はシネ・ヌーヴォ。

何といっても目玉は『ミステリー・オブ・サンバ 〜 o misterio do samba』ですよ。
ミステリーと言っても殺人事件とかじゃないよ。

マリーザ・モンチのプロデュースによる、老舗サンバ・チームの長老達にスポットを当てたドキュメンタリー・フィルムなのです。

ざっくり言っちゃうとブラジル版『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』か?

コレはヤバイでしょう!

上映に先立ち、Blenでは中原仁さんによる予習会も開催しますよ〜。
参加すれば映画を何倍も楽しめるはず!


今回は『カルトーラ』も再上映するから、もう全音楽ファン必見だね!

そして!

『ヴィニシウス』に続き、この度「ブラジル映画祭2009」とも「渋谷B+2」はコラボレーションしますぜ。

各店でオリジナル・カクテル「シネマ・ノーヴォ」を用意して皆様をお待ちしておりますよ。

詳細はコチラを見てくんなまし。


そういえば『ヴィニシウス』の時は、個人的にちょっとバタバタしていて映画館には足を運べなかったのですが、8月に大先輩、山名昇さんから電話がかかってきて「ゴウ、今吉祥寺の映画館で『ヴィニシウス』演ってるから観に行こうぜ」という素晴らしいお誘いを頂き(粋な人は誘うタイミング、誘い方までホント粋なのだ)、ようやくスクリーンで堪能できました。

そして、音楽をデカイ音で聴かなきゃいけないように、やっぱり映画はデカイ画面で観ないといかんな〜と思ったのでした。

作り手は大きなスクリーンで鑑賞されることを前提に映像を撮ってるワケだから、然るべき環境じゃないとその作品を観たことにはならないよな〜、なんて。

だから今回は何とか時間作って渋谷シアターTSUTAYAに足を運びます!


さあ、短い秋を大いに堪能いたしましょうね!


posted by ベーマイストレス at 06:53| Comment(0) | ブログ