2010年07月28日

Blen農園の近況

Bar Blen blen blen 宿口豪 http://www.blenblenblen.jp

お久しぶりです、Blenのゴウです。

やっと、やっとPCが修理から戻ってきました、と言っても1ヶ月前ですけど。

じゃあ、とっととブログ更新しろや、このカスが!とか言わないでください。


なんだかPCなしの生活に慣れてしまって。


もともと他人の行動が気になるスケベ根性丸出しの人間でして(残念)、今何がヤバいのか?誰がどんなことやってるの?とかスゲー気になるタイプなんだけど、PCがないとそんな情報がまったく入ってこないから、さあ大変。


趣味に走りまくってます。


以前当店のブログでは報告したのですが、市民農園の区画が今年めでたく当選したので、畑で多くの時間を過ごしています。


25平米の土地にピーマン、パプリカ、島唐辛子、ナス2種、トマト3種、ズッキーニ3種、きゅうり2種、ミニかぼちゃ2種、ゴーヤ、オクラ、とうもろこし、サツマイモ、ルッコラ、春菊、青梗菜、ほうれん草、20日大根、葉ねぎ、ビーツ、小松菜、枝豆、イタリアンパセリ、コリアンダー、バジルと育てまくり、育ちまくり。


有機無農薬でございます。


いやあ、正直かなり勉強しました。さまざまな文献に目を通し、いろんな畑を観察しましたよ。

いかんせんド素人なものですから。

いろんな人がいろんな理論を展開してます。

それを取捨選択し、現場で実践ですよ。


たとえば、トマトやナス、ピーマンなどのナス科野菜の育て方。

最初から土に施しておく肥料のことを業界用語で元肥(もとごえ)っていうのですが、僕は元肥は超少なめでスタート!

土に腐葉土や醗酵鶏糞などの有機肥料、カキガラなどの有機石灰を混ぜ込み、大きめの畝を立て、普通の人が苗を6本植えるところを、その半分、3本しか植えません。

学校の教室と一緒で多いより少ない方が何かといいんですよ。

そして植えた株からちょっと離れた深い場所に肥料(発酵鶏糞や油かす)を埋めて隠しておくのです。

最初は最低限の肥料しか施してないから、野菜クンも栄養欲しさに必死で根を伸ばそうと努力するワケですよ。

するとガッシリと土に活着し、力強い株に育つ。

そうすることで病気や虫にも強い株となるワケ。

そして頑張って、頑張って根を地中にグイグイ伸ばしていった結果、ようやく肥料の隠し倉庫を探し当て、その養分を舐めるようにして花を咲かせ、その後おいしい実をいっぱいつけてくれるのだ。

ところが最初から肥料をやり過ぎちゃうと、頑張らなくても栄養をもらえちゃうから根がしっかり張らないのですよ。

甘やかすからナヨっとするワケ。

そんな弱い株には当然虫も湧くし、病気にもなりやすい。

だからといってその都度薬を使うと、その場しのぎにはなるけど、根本的な解決にはならないワケですよ。


体育会系な育て方でしょ?

僕も高校時代バレーボールで同じような体験をしてますよ。

ホント日々の練習では、常に限界ギリギリまで追い込まれる。

そこで踏ん張ることでスキル・アップし、気づけばできなかったことができるようになっていく。

そしてその連鎖の結果、常に県でベスト4を維持できたし、関東大会にも出場できた(プチ自慢)。

ワタシ、野菜です、ナス科です。


ナス科が男的な育て方なら、葉物野菜は女の子。


最初から栄養をガツンとあげないとすぐに萎れてしまいます。

ドカっと即効性のある肥料が必要なんですね、そして肥料切れしないように常に気を配らないといけない。

水もあげないといけないし、適宜間引きや中耕、土寄せもしなければ。

「かわいいよ〜」「頑張ってるね〜」と鞭少なめ、アメ多めでチヤホヤすることで、おいしい葉っぱをいっぱいつけてくれるんですよ。

サツマイモとか枝豆は肥料ゼロでオッケー。

肥料を上げちゃうとツルボケといって葉や茎ばっかり育っちゃって実が小さくなっちゃうらしい。

野生児ですな。


あとコンパニオン・プランツといって、相性のよい野菜の組み合わせがあるんですよね。

たとえば、トマトとバジルを一緒に植えるとお互い成長が早まり、なんと味がよくなるんですよ。

サラダ・カプレーゼの組み合わせは、畑の時点で相性抜群というワケですね。

あとナス科野菜とニラ、ウリ科野菜とネギの根を交わるように植えると、青枯れ病などの病気を予防することができます。

マリーゴールドの花をナス科野菜の畝に植えておくと害虫を寄せ付けなかったり。


野菜にもいろんなキャラクターや相性があるってワケです。



なんか、野菜というか植物もホント我々人間と一緒で。

コチラの熱い気持ちが伝わればちゃんと応えてくれるんですよね、いやホントに。

先ほど書いたとおり、育て方は案外スパルタですよ。

でも、まだ苗の段階で萎れてるトマトに思わず「頑張れよ〜」って声かけちゃったりするんですよ。

「テメー、コノヤロー」とか怒鳴った後に、柱の影からはこっそり応援する感じ?

今年4月に入っても雪とか降っちゃったりして気温が結構低かったでしょ。どうなることかと思いまして。

しかも何もかもが初めての経験ですよ。

最後は神頼み。

ていうか、苗に声かけるんですよ。「頑張れ〜」って。

突然冷たい雨が降り出したら焦って畑に走り、そっと寒冷紗をかけてやったりして。

でもそうすると。

グイっと成長してくれましたね。いや、ホントに。

考えてみれば、植物とはいえ人間と同じ地球上に存在する生命体です。

口がないから「痛てぇ」とか「のど渇いた」とか言わないけど、はさみでチョキッと茎を切っちゃったり、水をやらなければ枯れて死んでしまう。

だからこそ愛情を注ぎ、しかるべき栄養を与えてやれば、ホント驚くような成長をみせてくれる。ビックリですよ。

人間と同じですよ。

こっそり言うと、そこまで愛情をかけられなかった葉物野菜はちょっと失敗しました。

女の子の扱いが下手ってことか?

もしくはグレたんだろうな。野菜の女ヤンキーだ、「不良野菜と呼ばれて」だよ。


まあまあそんなこんなで、あと1年半、マイペースに楽しみたいと思ってます。

ちなみに収穫した野菜は時折Blenのお通しやメニューに登場しているので機会があればお試しを〜。


ていうか、野菜作りって今ブームなんだよな。

なんだかんだ言って時流に乗ってる自分っていかがなものかと思うよ、まったく!

posted by ベーマイストレス at 16:53| Comment(0) | ブログ

祝!カンタス村田とサンバマシーンズ 今週末フジロック出場〜!

以前コチラのブログでも紹介させていただいた、カンタス村田とサンバマシーンズが日曜深夜フジロックに出場します。

詳しくはコチラをご覧ください。
posted by ベーマイストレス at 15:22| Comment(0) | ブログ

2010年07月22日

ブラジル・ポルトガル語のカタカナ表記問題

bar bossa 林 伸次

 成田さんのブログを見たらこんなこと(下にスクロールして下さい)

が書いてありました。私も「ブラジル・ポルトガル語のカタカナ表記論争」に加わることほど不毛なことはないとずっと考えていたのですが、「頭のRをハ行で表記するのはキザ」という表現を読んで、「ああ、それはあまりにも貧しい発想だな」と思い、ペンをとりました(キーボードだけど…)。

 昔、バッカーナというシュラスコ・レストランで働いていたことがありました。そこで「ROSELY」という女の子がいたのですが、その子は自分の名前を「ホゼリー」と書いていました。なぜ彼女は自分の名前を「ロゼリー」と書かずに「ホゼリー」と書いていたのでしょうか。その辺をちょっと書いてみます。

 まずシュラスコ・レストランでの人種構成ですが、ブラジル人が約半分、うち日系ブラジル人が3割程度、残りの7割程度が純ブラジル人(彼らは「puro」と言ってましたが)、約半分の日本人は私のようなブラジルに興味ある人間が2割程度、残りの8割の日本人は学生やフリーター、およびそのレストランの親会社の社員で全くと言っていいほどブラジルには興味のない人でした。

 要するにそのレストランでほとんどのブラジル人が全く日本や日本語に興味もなく何らかの理由でお金のために日本で働いている、同じくほとんどの日本人もブラジル人の生活習慣や言葉なんかにも興味を持っていないという状況でした。

 そしてホゼリーの場合ですね。ホゼリーはイタリア系ブラジル人でサンパウロ出身、髪はブルーネットで身長は160センチくらいの日本人受けするタイプの可愛いブラジル人女性でした。彼女はサンパウロで知り合った日系ブラジル人男性と結婚して、その旦那さんが日本に出稼ぎで働きに来たのでついてきた、ということでした。

 彼女は英語は「one two three」と「I love you」しか知らないと言ってたので、おそらくそんなに上のクラスの出身ではないと思います。

 なんでこういうことを書いているかというと、彼女の状況を想像してほしいんです。ホゼリーは日本にちょっとの間住んで、お金が貯まったらすぐにブラジルに帰ろうと思っているんです。だから日本語なんて最低、レストランの注文をとるだけの言葉がわかればいいんです。ましてやひらがなやカタカナなんて全く覚えようとは思っていないんです。例えばあなたが配偶者や親の理由で半年だけ中東のどこかに滞在するとしますよね。で、そんなときアラビア文字ってたぶん勉強しませんよね(これを読んでいる人は「する」って言いそうですが…)。そういう状況なんです。

 たぶん、彼女が日本に来て初めて日本人に自分の名前を「ROSELY」と見せたとき、ほとんどの日本人が「ローズリー」って発音したと思うんです。で、これはまずいな、この国の人たちは私の名前を「ローズリー」って言っちゃうんだ、なんとかしてこの国の人たちの言葉で私の名前を表さなきゃと思ったと想像します。

 あるいは、何かの書類を提出するときにアルファベットではなく、カタカナで自分の名前を表記しなきゃいけないことがあったのかもしれません。

 まあそのきっかけはどちらでも良いのですが、彼女は自分の名前の日本語表記を必要として、まわりの日本人か、日本語が完璧な誰かに「私の名前を日本語で書いて」とお願いしたはずです。

 さて、そのお願いされた誰かはなぜ「ロゼリー」と書かずに「ホゼリー」と書いたのか。

 それは「ホゼリー」と表記すると、日本人は彼女の本来の名前に「一番近い発音」をしてくれるからなんです。

 あのー、彼女にとって日本語の表記なんてアラビア語の表記と同じなんです。「『R』は本来は『ラ行』で表記すべきで、ブラジル人の『R』の発音は〜」なんて理屈はしったこっちゃないんです。

 「ROSELY」と表記したら「ローズリー」と呼ばれるし、「ロゼリー」と書いたら「ロゼリー」って呼ばれちゃうんです。だったら「ホゼリー」と書いて「ホゼリー」と呼ばれるのが彼女にとっては一番心地良いんです。

 そしてそのバッカーナで働いていた他の日本人たちもブラジル・ポルトガル語の発音なんて全く興味ないんです。「『R』が一番頭にくれば〜」なんて理屈しったこっちゃないんです。「ローズリー」って呼んでも「ロゼリー」って呼んでも振り返らない彼女が「ホゼリー」って呼ぶと振り返ってくれるんです。

 だったらお互いのためにも「ホゼリー」って表記するのが一番なわけなんです。ですよね?

 というか、文字って本来、何かを「出来るだけ」正確に第3者に伝えるのを目的としているものですよね(もちろん何かが完璧に伝わることなんてありません)。

 現代の日本語のカタカナ文字なんてなおさら、耳から入ってきた「音」をそのまま「字」に移し変えるのが本来のお仕事ですよね。「ワンワン」とか「ドッカーン」とか「イギリス」とか…。私たちは犬の鳴き声を完璧に日本語文字に移し変えられたとは誰も思っていませんが、まあ「ワンワン」と聞こえるんだから「ワンワン」で良いじゃんと考えているわけです。

 そんな理由で「ホゼリー」と聞こえるから「ホゼリー」で良いじゃんというわけです。誰にも迷惑はかかっていないんだから…。そう、逆に「ロゼリー」にすると迷惑がかかるんです。

 しかし、これはあくまでも日本人とブラジル人が生でぶつかる現場の話です。そんな「現場の低い次元の話」と「言語学的に考えてどの表記が正しいか」というのを同じにしてもらっては困るという考えもじゅうぶんありだとは思います。そういう論争が好きな方はドンドンして下さい。

 しかし「ROSELY」を「ホゼリー」と書くことが「キザ」とか「間違いだ」とかって言われたら、あの時、あのバッカーナで働いていた全ての人間が「??????」となるのは間違いないなと思い、この文章を書いてみました。

 これはただの報告です。決して論争するつもりではないので、よろしくです。

追記:ちなみにバッカーナでは「L」は「ウ」で「E」は「イ」でした。要するに「ガウ・コスタ」で「カイターノ・ヴェローゾ」でした。だからバッカーナでは「カエターノ、髪型変えたの?」という冗談はなしで、「カイターノ、これ書いたの?」という冗談はありでした。あ、これも報告です。私の意見ではありません。


※ゴウさん、東野さん、というわけです。ゴウさん農業話、期待しております!
posted by ベーマイストレス at 12:43| Comment(0) | ブログ

2010年07月09日

渋谷にまた新しいバーがOPEN!

DJとしてムジカノッサを主宰し、
渋谷のカフェ・アプレミディの店長でもあった中村 智昭さんが
Bar Musicをオープンしました。
是非、B+2同様、ごひいきに!

http://www.musicaanossa.com/nakamura/

Bar Music 
  渋谷区道玄坂 1-6-7-5F
  (スペイン・バール「マドリード」前、炭火焼肉「龍」の上のフロア5F)
  Tel 03-6416-3307 
  Open / 17:00~25:00
posted by ベーマイストレス at 13:37| Comment(0) | ブログ