2008年08月11日

プロフィール

【名前】 東野 龍一郎

【お店のURL】 barquinho http://barquinho.biz/

【出身地】 大阪市

【生年月日】 1964年4月15日

【血液型】 A型

【星座】 おひつじ座

【経験した職業】
年末の魚屋、ガソリンスタンド、廃車から部品をもぎ取りアジアに輸出するバイト、自動車部品会社(試作を担当)、郊外レストランのウエイター、京都新京極のロックTシャツ屋(シド・チェーンや缶バッジを修学旅行生に売りつけていた)、水道工事会社で番頭、カラオケパブ厨房、デザイン会社(一ヶ月弱でブッチ)、駅前の本屋兼レコード屋(アナログレコード⇒CD転換期)、靴屋(一ヶ月弱でブッチ)、TSUTAYA(バイトから始めて約9年勤務)、中南米音楽(通販・店頭小売・MPB編集担当)、TSUTAYA(返り咲くも2年でリタイア)、その他忘れたものもありますが、だいたいこんな感じ。

【行ったことのある外国】
アメリカ 1991年:27歳の時始めての海外旅行でNY・マイアミ、1993年:29歳の時NY⇒ジャマイカ、3回目:2004年サイパン(サイパンはアメリカです)、4回目:2008年:ハワイ

ジャマイカ(1993年のNYと同時に。ボブ・マーリーの家に行きリタ・マーリーに会う)

ブラジル(1995年、サンパウロ⇒イグアス⇒リオ⇒バイーア)

フランス(2003年パリ)

【ブラジル音楽以外で好きな5枚】
ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド』(いまだに音楽を聴いているきっかけとなった1枚。)

ザ・スミス『ザ・スミス』(はじめてデビューから解散までを体験したバンド。一度も来日しなかったのが心残り。)

ベン・ワット『ノース・マリン・ドライヴ』(青春の1枚。アコースティック・ギターをおしゃれなコードで弾き語る手法に開眼させてくれた1枚でもある)

マーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイン・オン』(この5枚の中ではいまだに1番聴くアルバム。70年代のマーヴィンは全て素晴らしい。)

ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビー』(ビル・エヴァンスにはまって、25歳の時にピアノを習いに行くが1年で挫折。)

【好きな女性のタイプ】
よくよく考えてみると別にタイプは無いような気がする。ただし、いままでつき合ってきた人を客観的に見ると、みな、自分からよくしゃべる人ばかり。自分がしゃべるのがめんどうなのか…。

デビュー当時の吉川ひなの

デビュー当時の観月ありさ

最近なら、相武紗季 (あれ、案外3人ともタイプ似てる?)


【好きな映画】
『気狂いピエロ』
『2001年宇宙の旅』
『パーティー』

【好きな本】
村上春樹『風の歌を聴け』
村上龍『69 sixty nine』
ルイ・カストロ『ボサノヴァの歴史』

【好きな飲食店】
ニューミュンヘン(大阪曽根崎・最高の鶏のからあげ)
インディアン(ノスタルジックなカレー)
551蓬莱(シューマイにサウダーヂ)

【もし自分の人生が映画になったら自分の役は誰にやってもらう?】
劇団ひとり(最近髪を切る時、彼のようにしてと頼んでいる)

【もし総理大臣になったら何をする?】
酒税をシンプルにして、わけのわからない発泡酒の乱発をくいとめる(禁止にする)。やはりビールがいちばん旨いのに、値段を気にして発泡酒を飲むのほど残念なことはない&外国の人に発泡酒が日本のビールの味と思われたくない。
posted by ベーマイストレス at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17844094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック