2009年04月09日

チーズの匂いと夏服を着た女たちと「今日はヒマそうですね」、あるいは「お願いだから」ということ

bar bossa 林伸次 http://barbossa.com/index.html

 あるお客様が入店するなりこう言いました。
 「あれ、誰かやっちゃいました?」
 私が「??」という表情をしていると、そのお客様が「誰かもどしちゃいました?」と言って口の前で嘔吐するジェスチャーを見せています。
 私はちょっと悩んだ後、気がつきました。その時、別のお客様がすごい匂いのウオッシュ・チーズを食べていたんです。その「チーズの匂い」をそのお客様は「嘔吐物の匂い」と勘違いしていたんですね。

 もちろん、「あ、これチーズの匂いです」と言って、そのお客様も「あー、なるほど…。ごめんごめん」と言ってくれたのですが、うーん、そういうふうにホントは誤解していて、でも私には何にも言わずに「なんかこのバー嘔吐物くさいなあ」なんて感じている方もいらっしゃるはずなんですよね、たぶん。

 いやチーズの匂いって色んなふうに誤解されるんですよ、ホント。バール・ボッサでは臭いチーズは別の小さい冷蔵庫に保存しているのですが、たまにそれを開けたりするとカウンター周辺が「オナラ臭く」なったりするんですね。その時いつも私は不安になります。カウンターに座ってうっとりして恋愛状態にいる彼らはもしかして「林さん、オナラしちゃったんだ。臭いなあ」なんて誤解していないだろうなあ、なんて。

 
 誤解と言えば、また今年も不安な季節が近づいてきています。

 夏になると女性がとても大胆な服装になる場合ってありますよね。身体のラインがおもいっきり強調されているピッタリ・セクシー系の服とか、短いスカートで長くて素敵な足がガツーンとストッキングなしで露出されていたりとか、あるいはいわゆる胸の谷間というのがドカーンと露出されていたりする服だったりです。

 いや、みなさん自分が素敵で自信があるところはドンドン強調したいのは理解できます。同伴している男性を悩殺しようとそういう服装になっている気持ちもすごく理解できます。

 でも、でもですね、お店の人間としては「うわー、注文取りに行く時、視線をどこに持っていけばいいんだろう」ってグラングランな気持ちになってしまうんです。

 で、彼女に近づいていって、思わずチラッと胸元なんかに視線が行ったりしますよね。いやそりゃ行きますって、なんか気になりますよ、そういうのって。で、「あ、イケナイ、イケナイ」と思い視線を彼女の顔に移すとなんか「何このスケベオヤジ」って表情になっていて、急いでジャケットを上からはおったりするんです。

 やっぱり彼女はこういう時、「なんかこのバーのマスターの視線ってスケベー」って思っているんですよね。いや違うんですって。ホント誤解しないで下さいね、お願いだから。


 で「お願いだから」というのに、お客様の何気ないこういう言葉があります。

 お店に入ってくるなり「あれ、今日なんかヒマそうですね」っていう言葉です。

 お願いだからその何気ない言葉だけは言わないでほしいんです。たぶんお客様側としては「今日は寒いですね」とか「桜もう満開ですね」とかと同じくらい何でもない普通の挨拶代わりのような会話だと感じていると思うんです。

 でも、でもですね、ゴウさんも東野さんも「そうそう」とうなづいてくれていると思うのですが、「ヒマそうですね」ってお客さんに言われるととても傷つくんです。

 例えばあなたの会社にお客さんが入ってきて、売上表みたいなものを見て、「あれー、オタクの会社、業績悪いねえ」って言ったらムチャクチャ腹が立ちますよね。そんな感じなんです。お客様に「今日ヒマそうですね」って言われるのは。

 
 というわけで、三つのお願いでした。
posted by ベーマイストレス at 14:12| Comment(2) | ブログ
この記事へのコメント
ちっす。
本音はガッツリ見たくても「職場」だから難しいよねー…
自分の場合、4月からきた新入社員の女子たちがいま集合研修中でワーッと固まってるとき、「全くもってかわいい娘を物色してなんかい」ないように装うのにかなりの労力を費やします。あー疲れる…
Posted by コバ at 2009年04月09日 20:28
コメントありがとうございます。

「物色」ですか…
あいかわらず危うい言葉をお使いですね。
是非、一番かわいい娘を連れて来て下さい。
Posted by bar bossaの林 at 2009年04月10日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。