2009年10月03日

バーデン・パウエル

barquinho ヒガシノリュウイチロウ http://barquinho.biz/

e18de29431d31dee77a145b4942182e4.jpg

 このところ「いかにしてボサノヴァ/ブラジル音楽にたどりついたか」というテーマで書いていますが、今回はバーデン・パウエルでいきます。とはいうもののバーデンは日本の、いや世界のブラジル系ギタリストの中では圧倒的人気がある人なので僕なんかが紹介できることはとても限られているのですが。

 例によって個人的な思い出から始めます。以前ジョアン・ジルベルトのことを書いた時、1992年くらいからボサノヴァに本格的にのめりこんだと書きましたが、同時に弾き語りを学べる楽譜が無いかなと楽器屋に行って入手したのがギタリスト江部賢一さん著による『ボサノバ・ギター・ソロ・テクニック』というものでした。この当時は今のようにボサノヴァの弾き語りを主体とした楽譜は全く無くて、この本もバーデン・パウエル系のソロ・ギター譜でした。結局目的が違うこともあって、最後まで1曲もまともにソロ・ギターの曲を弾けることはありませんでしたが、巻頭に載っているそれまで弾いた事が無かったテンションコードのダイアグラムや、ボサノヴァ・バチーダのリズムパターン譜には大変参考になりました。10年前に東京に引っ越して来た頃、友人の紹介で江部賢一さんにお会いしたことがありますが、とても優しい感じの方で、無理やりお願いして「イパネマの娘」を弾いていただいたのを覚えていますが、バーデン・パウエル系の素晴らしい演奏でした。

 さて、楽譜だけではいまいちよくイメージできないので、また楽器屋でうろうろしていると今度はギタリスト佐藤正美さんが制作された『ボサ・ノヴァ・ギター』という教則ビデオが見つかりました。これまた練習曲がバーデン・パウエル系の「イパネマの娘」で、挑戦してみましたがテーマの部分までで挫折。結局弾き語りをマスターするには自分でコピーするしかないのかと、ジョアン・ジルベルトのCDを聴きまくって、耳コピーする日々が始まりました。

 というように当時日本でボサノヴァ・ギターというとバーデン・パウエルから逃れることは出来ない状況で、ジョアン・ジルベルト的弾き語りの教材が揃ってきたのは最近のことだと思います。しかも昨今はYouTube等でジョアンはおろかありとあらゆるブラジルのアーティストの演奏が観られるし、僕が始めた頃から考えると夢のような状況ですね。

 そうそう、これも紹介し忘れてはいけないのですがピエール・バルーが制作した『サラヴァ』という映画でもバーデン・パウエルは重要な役割を担っていました。これはフランス人ピエール・バルーが1969年にブラジルに旅して、様々なミュージシャンに会いにいくというドキュメンタリーですが、ここでピシンギーニャなどの重鎮との橋渡しをしているのがバーデン・パウエルなんですね。もちろん若き日のバーデンの貴重な演奏シーンも満載なので、ブラジル音楽ファンは必見といえる作品です。このビデオもブラジル音楽に出会った頃すり切れるくらい繰り返し観たものでした。

 かようにここ日本でブラジル音楽を聴いたり、ギターを弾いたりする上でバーデン・パウエルに全く触れずにいることは難しいともいえるのですが、個人的には彼の作品にスポットを当てると「あれ?」と思うことが少なくないです。もちろん全ての作品を聴いているわけではないのでなんとも言えないけれど、彼はギターを弾く事が目的で、あんまり録音に興味無かったのではと思ってしまいます。ものすごい鬼気迫る演奏のあとに、気の抜けるような本人のヴォーカルが入ってきたり、ナチュラルで聴きたいギターにすっごいきついディレイをかけてみたりと、ちょっと自己プロデュース的センスが無いのかなと…。あと、バーデンの作風はいわゆるカフェ的な響きとは最も遠いところにある作風で、とてもプリミティヴな雰囲気を持っていますね。実際バルキーニョでかけることはまれだったりしますが、個人的にはやはり天才だと思いますし、ワン・アンド・オンリーの存在だと思います。

 最後にバーデンのおすすめ作品をひとつあげるとするならば、やはりエレンコからリリースされた『ア・ヴォンターヂ』でしょう。1曲目に世界のギタリストに衝撃を与えた「イパネマの娘」が入っていますし、「ビリンバウ」「宇宙飛行士」「コンソラサォン」「サンバ・トリスチ」などの彼の作曲による代表曲も多く収録されているので、バーデンのというよりもボサノヴァの名盤の1枚だと思います。



 さて、本日からいよいよ『ブラジル映画祭2009』が始まりますね。映画を観に渋谷に来られた際にはぜひB+2各店へ。映画祭にちなんだオリジナルカクテルを用意してお待ちしております!あと、リオ・デ・ジャネイロ、オリンピック開催地決定おめでとう!
posted by ベーマイストレス at 06:05| Comment(0) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。