2009年12月18日

お一人様のことと、次にやってみたい仕事のこと

 bar bossa 林 伸次 http://barbossa.com/


 どうしてバール・ボッサはお一人様お断りにいたったのか、今回は正直に書いてみます。

 実は私は「どんな人の話しでも何時間でも聞いていられる」という特技があります。それも無理して我慢して聞くのではなく結構楽しんで聞けます。

 思うに、どんな人の人生でもそこには何かしら面白味があるものなんですよね。事務職OLさんでも、ガチガチの銀行員でも、ゆっくりと話を聞いているとみなさんすごく面白い人生や価値観があったりするものなんです。そういうのをじっくりと聞くのって私は好きなのでこのバーテンダーという職業って向いているなあと思っていました。

 しかし、しかしですね、みなさんも理解していただけると思うのですが、人間ってどんな人にも「何故かこの人だけは生理的にあわない」っていう人がいると思うんです。で、まああたりまえですけど、お客様にもそういう方がホントたまにいらっしゃるんですね。まあ、私の場合はめったにいないんですけど。

 で、開店当初なんですが、そういう「個人的にどうしてもあわない」という方がお一人いらっしゃったんです。でもまあ、私はバーテンダーという職業を選んでしまったんだし、このお店で家族を養っていこうと考えていたので、我慢してずっとその方とは普通にお付き合いしていたんです。でも、ある日のことでした。その方がいらっしゃると精神的に追いつめられてしまって動悸が激しくなって立っていられなくなっちゃったんです。これは困ったなあ、ということになり、「どうしよう。もうお店やめようかな」とかまで考えたのですが、いややはりお店を一番に考えようということになりました。

 実はその問題の方はちょっとしたトラブルがあって2度とうちには来ない方になりました。で、またこういうことがあると困るなあということで、それからは「お一人の方とは距離を置く」という作戦に出ました。質問されてもそのことだけしか答えなかったり、忙しそうなフリをしてあまり近づかなかったりという感じです。でも、これってお店としてどうだろう、と思いますよね。お客様としては楽しもうと思って来ているのに、妙によそよそしいバーテンダーがいたらイヤなお店ですよね。その時期にお一人でバール・ボッサに来店して不快な思いをさせた方は本当に申し訳ありません。そういう事情だったんです。ここで深く謝ります。

 それでまた、どうしようかなと悩んでいたところに、ちょっとここでは書けないようなお一人様の事件が2回続いたんです。で、本当に悩んだのですが、「よし、もうお一人様はお断りにしよう」ということで今に至っております。

 この「お一人様お断り」について陰で悪く言われたり、ネットで批判されたりしているのも知っているのですが、そういう事情なんです。許して下さい。

                  ●

 このまま終わると暗いので、ちょっと前向きな話し。

 私は今年で40才です。今まで20年間働いてきました。まあ60才くらいまでは生き残れそうなので、あと20年間はどうやらまだ働きそうです。そうか、まだまだ色んな仕事をやれそうだな、なんて考えるわけです。
 で、最近思うのは「なんかこうもっと地に足がついた仕事をやりたいなあ」ということなんです。

 1年くらい前は「農業をやってみたいなあ」と思い、何冊か本を買ってシュミレーションをしてみました。で、わかったのは「ちょっと自分には農業は向いていないな」ってことでした。土とか汗とかは大丈夫なのですが、腰を曲げた体勢が多そうなのとか、実はビニールハウスとかの大工仕事が多そうなのとか、地元の農家の人達とがっちりと仲良くならなくてはいけないのとか、なかなか不得意分野だらけなんです。

 別の仕事を考えてみますと、この間テレビをみていたら知的障害を持った人達といっしょにおでんを売るお店をやっているという山形の人が紹介されていました。「ああ、こういうのもやってみたいなあ」とも思いました。

 あるいは、地雷除去をする仕事とかって今の私にはとてもロマンティックな仕事に感じられます。誰かの悪意や殺意をただ黙々と削除する行為。決して歴史には残れないし英雄にもなれないけど、誰かの未来は確実に救える仕事。まあ地雷除去に関しては私は技術がないから無理なのですが…

 だから、エリート・コースを捨てて、長崎でおそうめんを作っている井崎君って、今となっては羨ましい存在です。あ、井崎君のおそうめん、おいしいですよ。是非、買ってみて下さい。

 ちょっとずれるかも知れないのですが、日本語教師になって、外国人に日本のことを説明するのなんて良いかもなあ、なんてことも思っています。

 そんな夢の話を妻にしたところ、「突然、すべてを変えるんじゃなくて、現在の状況で出来るようなことをまずやってみれば」と言われました。

 以前、こんな事件がありました。ある週末のすごく忙しいときにこんな電話がかかってきたんです。
「はい、BAR BOSSAです」
「あのーちょっと質問なのですが…」
「はい、どうぞ」
「そちらは車椅子の人は行っても大丈夫ですか?」

…ええと、ちょっと待って。うちは入り口も段差があるし、トイレもすごい段差がある。車椅子が動き回る場所もなければ、置いておく場所もない。うーん、どうしよう…、なんて考えていると客席の方ではお会計の合図をしている…

「ええと、うちはちょっと車椅子の方は無理かも…」と答えてしまいました。彼女、とても寂しそうに「そうですか」と言って電話は切れました。

 それを本当にずっと後悔しているんですよね。何かもっと色んな対応の仕方はあったのではないのか、と。彼女は雑誌かネットか何かでBAR BOSSAの情報を見てくれて、「ワインとボサノヴァか。今度渋谷に買い物に行ったときにちょっと寄ってみようかな」なんて考えて、そして何度も深呼吸をして、BAR BOSSAのダイヤルを回したのかも知れない。それを私は「うちはちょっと…」で断っちゃったんです。

 その事件がすごくトラウマになっているのを妻は知っているので「じゃあ例えば、日曜日は車椅子の方の日とかにしてライブとワインを楽しんでもらったりすれば」なんて提案してくれたわけです。

 ああ、そういうのも出来そうだな、と考えているところです。

 ちなみにこういう発想って若い頃は偽善的に思えてすごく嫌っていました。そしてこれを読んでいる人の中には「林、なんか変な方向に行ってるなあ」なんて感じている人もいると理解できます。しかし、やはり年をとったのでしょうか、「自分がこれから死ぬまでの間にこの世界で出来る仕事って何だろう」って考え始めるんですよね。「今死んでしまったら、渋谷でボサノヴァのバーをやってた人で終わるんだな…」って。

 ところであなたは今の仕事で満足していますか? せっかく生まれてきたんだから、何か確かなことをしてみたいなと思いませんか?

 何か良い仕事のアイディアがあれば教えて下さい。ちなみにワード、エクセル出来ません。重い物も持てません。人に頭は下げられます。
posted by ベーマイストレス at 14:20| Comment(4) | ブログ
この記事へのコメント
こんばんは。

いつも美味しいお酒をありがとうございます。

何かとても身近な話題な気が。

うちなんか階段しかないのに4階建ての
宿ですからひどいもんですよ。

今は中々難しい時代になってしまったので
出来なくなってしまいましたが・・

自分の気分が合えば荷物用リフトで
おばあちゃん4階まであげちゃったり

かといってある日はすみません、ごめんさいと言ってしまったり。

たまにしか寄せて頂けませんが
いつも素晴らしくプロだなあ〜
と思い素敵な時間を過ごさせて頂いてます。

そんな林さんでも、日々こういった
思いでお仕事なさっておられる事を
拝読して安心したりして。
Posted by ミトモ at 2009年12月19日 00:23
ミトモさん、コメントありがとうございます。

でも、「宿泊は大変だろうな」と僕のほうもいつも感心しております。

ではまた、お待ちしております。
Posted by bar bossaの林 at 2009年12月19日 13:22
NPOでソーシャルアクションのPRサポートをしています。世の中を良くするために活動している人たちの応援隊です。

NYを訪れた時、スタバは全部バリアフリーだし、クラブには車いすで踊っている人がいたし!とその垣根のなさに、衝撃を受けました。

その点、東京は??放置自転車に、狭い道路。
実際、障害をもった方の行動範囲ってすごく限られてしまうのです。
車いすのバー。きっと喜ぶ方はたくさんいます。目の不自由な方に、ボサノヴァライブ!なんていうのも素敵。お客さんにボランティアを募って、渋谷駅までお出迎え!なんていうのはいかがでしょう。

ダイアローグインザダークというのはご存じですか?
http://www.dialoginthedark.com/
目の見えない方に暗闇を案内してらもうイベントです。五感を研ぎ澄まして体験した、彼らの世界はとっても刺激的でした!

新しいバールボッサ。楽しみにしています。

林さん、以前のブログにもおひとりさま問題&電話で断ってしまったお話、両方書かれてましたね。そうとうなトラウマ・・。でも、そこから、小さくても行動することが大切。
偽善も善なのですから。

またあそびにいきます。
Posted by sakai at 2010年01月08日 15:44
コメント、ありがとうございます。

実際に動かれている方なんですね。

そういうお話し、僕も勇気が出ます。

何か動いてみます。
Posted by bar bossaの林 at 2010年01月29日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。