2009年04月25日

春だ、楽しい!(よって文章短め)

Bar Blen blen blen  宿口 豪 http://www.blenblenblen.jp

春ですね。

暖かくなってきてオモシロ事件もいっぱい起こるようになってきました。

皆さんもう散々語りつくしたこととは思いますが、SMAPの草なぎ剛の件はサイコーでした。サスガだわ。

日本をこんなハッピーにしたニュースは久しぶりだと思うのですが。

酔って暴力とかじゃないですよ、全裸ですよ。
春だな〜、不景気を全裸でぶっとばせ〜!てな感じで実に微笑ましいじゃないですか。キムタクも「好きにやっちゃって〜」って言ったとか(ウソ)。

しかも自慢のジーンズはキチンと折り畳まれていたらしいじゃないスか。全裸になるにも礼儀ありって感じで、是非とも広告代理店の営業部隊の方たちにも見習っていただきたいですね。脱ぐなら畳め!ミタイナ。

今回の一件で彼はファンをガッチリ増やしたハズ。確実にオンリー・ワンですよ、草なぎ君!

そして最低なのは鳩山弟、お前だよ!


さて、ブレンも負けてられません!脱がないけど。

これから夏に向けてバンバン盛り上がっていきたいところですが、そんな折ヤバいニュースが飛び込んできましたよ〜!

前回こちらのブログでも紹介されましたが、パウラ・リマが日本に来ますゼ〜!

皆さん、パウラ・リマをご存知ですか?

チャカ・カーン、エラ・フィッツジェラルド、アルシオーネに影響を受けたシンガーと言えば、分かりやすいかな?

サン・パウロの人気ファンク・バンド、ファンキ・コモ・レグスタのヴォーカルを務めた後、セウ・ジョルジらの完全バック・アップでソロ・デビュー。
ソウル、ファンク、ジャズ、サンバを縦横無尽に行き来するブラジル・ブラック系では最高・最重要の女性シンガーですゼ。

NRTからリリースされた3作目『シンセラメンチ』(スタジオ録音では最新作)に楽曲提供しているメンバーを見れば、彼女がどれだけ注目されてるかがよくわかります。
セウ・ジョルジ、アナ・カロリーナの共作者アントニオ・ヴィレロイ、マリア・ヒタにも多数提供しているアルリンド・クルース、マルチナーリアetc…ブラジル音楽界で今をときめく豪華ミュージシャンばかり!

しかも一緒に来日するギタリスト(彼女のプロデューサーでもある)、ベーシスト(セーザル・カマルゴ・マリアーノの息子、マリア・ヒタの異母兄弟)の演奏がマジでヤバイんですって。

僭越ながら先述した『シンセラメンチ』のライナー・ノーツをワタクシが書いたのですが、そちらに詳しいディスコグラフィーを記してありますんで、是非買ってくださいね!サイコーのアルバムですから。

ブレンでも来日に向けてパワー・プレイ中です!DVDもありますので是非パウラの魅力を知ってくださいね。イベントも近日開催予定!

そして当店にて前売券も販売しておりますので、飲みに来たついでに是非どうぞ。

あ〜楽しみだなぁ。春はいいな〜。アハハ。
posted by ベーマイストレス at 15:58| Comment(0) | ブログ

2009年04月22日

映画『ヴィニシウス〜愛とボサノヴァの日々〜』公開記念オリジナルカクテル

000804.jpg

先週から渋谷シアターTSUTAYA『ヴィニシウス〜愛とボサノヴァの日々〜』の上映が開始されていますが、B+2各店ではこの公開を記念してオリジナルカクテルを用意いたしました!各店それぞれ違うカクテルですので、詳細はお店でお問い合わせください。そしてなんと!このカクテルをオーダーしていただいた方にはオリジナルポストカードを2枚セットでプレゼントいたします。ぜひ、映画鑑賞の後にはB+2各店で余韻をお楽しみください!
posted by ベーマイストレス at 16:01| Comment(0) | ブログ

2009年04月18日

Paula Lima "Samba-Chic" in Japan 2009

paula2.jpg
なんとあのパウラ・リマが日本に、渋谷に来ます!!

6/3(水),6/4(木) @渋谷DUO Music Exchange
18:00open 20:00start
前売 ¥6.000 当日¥6.500 (1ドリンク別)

4月18日(土)チケット一般発売開始

オフィシャル・サイトhttp://www.brasillive.jp/
blenゴウさんの熱い想いhttp://blenblenblen.jp/blog/2009/04/post_38.html
posted by ベーマイストレス at 13:35| Comment(0) | ブログ

2009年04月09日

チーズの匂いと夏服を着た女たちと「今日はヒマそうですね」、あるいは「お願いだから」ということ

bar bossa 林伸次 http://barbossa.com/index.html

 あるお客様が入店するなりこう言いました。
 「あれ、誰かやっちゃいました?」
 私が「??」という表情をしていると、そのお客様が「誰かもどしちゃいました?」と言って口の前で嘔吐するジェスチャーを見せています。
 私はちょっと悩んだ後、気がつきました。その時、別のお客様がすごい匂いのウオッシュ・チーズを食べていたんです。その「チーズの匂い」をそのお客様は「嘔吐物の匂い」と勘違いしていたんですね。

 もちろん、「あ、これチーズの匂いです」と言って、そのお客様も「あー、なるほど…。ごめんごめん」と言ってくれたのですが、うーん、そういうふうにホントは誤解していて、でも私には何にも言わずに「なんかこのバー嘔吐物くさいなあ」なんて感じている方もいらっしゃるはずなんですよね、たぶん。

 いやチーズの匂いって色んなふうに誤解されるんですよ、ホント。バール・ボッサでは臭いチーズは別の小さい冷蔵庫に保存しているのですが、たまにそれを開けたりするとカウンター周辺が「オナラ臭く」なったりするんですね。その時いつも私は不安になります。カウンターに座ってうっとりして恋愛状態にいる彼らはもしかして「林さん、オナラしちゃったんだ。臭いなあ」なんて誤解していないだろうなあ、なんて。

 
 誤解と言えば、また今年も不安な季節が近づいてきています。

 夏になると女性がとても大胆な服装になる場合ってありますよね。身体のラインがおもいっきり強調されているピッタリ・セクシー系の服とか、短いスカートで長くて素敵な足がガツーンとストッキングなしで露出されていたりとか、あるいはいわゆる胸の谷間というのがドカーンと露出されていたりする服だったりです。

 いや、みなさん自分が素敵で自信があるところはドンドン強調したいのは理解できます。同伴している男性を悩殺しようとそういう服装になっている気持ちもすごく理解できます。

 でも、でもですね、お店の人間としては「うわー、注文取りに行く時、視線をどこに持っていけばいいんだろう」ってグラングランな気持ちになってしまうんです。

 で、彼女に近づいていって、思わずチラッと胸元なんかに視線が行ったりしますよね。いやそりゃ行きますって、なんか気になりますよ、そういうのって。で、「あ、イケナイ、イケナイ」と思い視線を彼女の顔に移すとなんか「何このスケベオヤジ」って表情になっていて、急いでジャケットを上からはおったりするんです。

 やっぱり彼女はこういう時、「なんかこのバーのマスターの視線ってスケベー」って思っているんですよね。いや違うんですって。ホント誤解しないで下さいね、お願いだから。


 で「お願いだから」というのに、お客様の何気ないこういう言葉があります。

 お店に入ってくるなり「あれ、今日なんかヒマそうですね」っていう言葉です。

 お願いだからその何気ない言葉だけは言わないでほしいんです。たぶんお客様側としては「今日は寒いですね」とか「桜もう満開ですね」とかと同じくらい何でもない普通の挨拶代わりのような会話だと感じていると思うんです。

 でも、でもですね、ゴウさんも東野さんも「そうそう」とうなづいてくれていると思うのですが、「ヒマそうですね」ってお客さんに言われるととても傷つくんです。

 例えばあなたの会社にお客さんが入ってきて、売上表みたいなものを見て、「あれー、オタクの会社、業績悪いねえ」って言ったらムチャクチャ腹が立ちますよね。そんな感じなんです。お客様に「今日ヒマそうですね」って言われるのは。

 
 というわけで、三つのお願いでした。
posted by ベーマイストレス at 14:12| Comment(2) | ブログ

2009年04月01日

ヴィニシウスの魅力

barquinho ヒガシノリュウイチロウ http://barquinho.biz/

090320vinicius02.jpg

 前回、映画『〜愛とボサノヴァの日々〜』について書かせていただきましたが、劇場公開日が4月18日に決定しましたよ。公式サイトもオープンしているので、ボサノヴァファンはぜひチェックしてみてください。

http://www.vinicius.jp/

 というわけで、せっかくこんな良い映画が渋谷で公開されるのだから今回もこのネタで書いてみます。
 「で、ヴィニシウスって誰?何をした人?」というのが、ごく一般的な反応なのではないかと思うのですがどうでしょう。実際、僕自身もボサノヴァを聴き始めた頃は、ジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビン、アストラッド・ジルベルトなど表舞台で活躍した人に興味が向きがちで、ヴィニシウスについては「“イパネマの娘”の作詞した人でしょ」ぐらいの認識でした。そして今だって、何も見ずにすらすらとヴィニシウスを語れるかというと、ぜんぜんそんなことはないので、これを機に調べながら書いてみます。まずはこんな時に便利なサイトがあるのでそこに飛んでみましょう。

http://cliquemusic.uol.com.br/

このサイトにはヴィニシウスに限らず、たくさんのブラジリアンアーティストのバイオグラフィとディスコグラフィが掲載されています。僕もかつて大変お世話になりました。そしてヴィニシウスのページはココ↓

http://cliquemusic.uol.com.br/artistas/vinicius-de-moraes.asp

もちろんポルトガル語で書かれているので、ポル語が得意でない人には意味がなさげに思えますが、世の中にはポル語を訳してくれる翻訳サイトもちゃんとあるんですよね。↓

http://www.excite.co.jp/world/portuguese/

さあ、ここにcliquemusicのバイオグラフィをコピペして読んでみよう〜〜〜!って、やってみるとやっぱりあいかわらず翻訳ソフトって笑える結果が出ますわ…。まず、ポル語は通常主語が省かれているのでいきなり「彼/彼女は〜」なんて始まりになってしまいます。orz。でも、まあしかし全部を辞書を引きながら読むよりは断然楽ですね。ただ、笑えるのが曲名表示。「Ipanemaの女の子」っていうのはわかるけど、「Longingの十分な量」って何?(答え:Chega de Saudade)「私がLoveを決意するi Know」(答え:Eu Sei que Vou Te Amar)ってなんで英語になるねん(笑)。他にも「パスの愛」「ものリンダ」「あなたとMe(カルロス琴座で)。」とか爆笑の連続です。つかルー大柴か(笑)。奈良Leoなんてのもありました。

なんて遊んでないでヴィニシウスバイオを要約してみますと。

1913年10月19日リオで生まれる。
1933年 初めての詩集を発表する。
英国オックスフォード大学で学んだ後、外交官となる。
1954年 戯曲『オルフェウ・ダ・コンセイサォン』を発表。後に映画『黒いオルフェ』としてリメイクされ、カンヌ映画祭でグランプリを受賞。
1958年 エリゼッチ・カルドーゾが「シェガ・ヂ・サウダーヂ」を含むアルバム『カンサォン・ド・アモール・ヂマイス』を発表。
1962年 ジョアン・ジルベルト、トム・ジョビンらとともに、リオのナイトクラブ“オー・ボン・グルメ”のステージに立つ。同年バーデン・パウエルと知りあい、一連のアフロ・サンバ作品を共作。
1965年 ナイトクラブ“ズンズン”のステージでクアルテート・エン・シーをデビューさせる。
1968年 外交官から引退。
1970年代はトッキーニョと共に活動。数々の作品を作り世界を回る。
1980年 没

なんか、早足すぎてその凄さが伝わっているかどうか不安ですが、とにかくヴィニシウスはジョビンを始めとする主要なボサノヴァのソングライターに多くの詩を提供し、ボサノヴァの詩の世界を芸術性の高いものにした功労者といえるでしょう。なんて、書くとなんかかた苦しい詩人のオッサンなんじゃないの?っていう感想を持ってしまう人もいると思うので、こんな映像を紹介いたします。



この白髪の人物がヴィニシウスです。サンバタウンのゼジさんが、ココで書いてくれてますが、僕は以前この映像を見てある媒体に「豹柄のクロスをあしらったテーブルで、ウイスキーをやりつつ手をひらひらさせながら歌うヴィニシウス…はっきりいって異様。」って書いてしまいました。だってこりゃ勝新でしょう(笑)輝かしいキャリアを持つインテリなのに、無類の酒好き、女好きで9回も結婚してしまうヴィニシウス。そんな彼の人間的魅力が詰まった映画『〜愛とボサノヴァの日々〜』を観た後はぜひB+2各店でお酒を浴びるほど飲みましょ〜!
 そうそう、この映画に合わせてB+2ではオリジナルカクテルを企画中です。飲んでくれた人にはなにかいいことあるかもよ!!!

posted by ベーマイストレス at 05:28| Comment(0) | ブログ

2009年03月25日

ジナラブ

Bar Blen blen blen  宿口 豪 http://www.blenblenblen.jp

遅ればせながら、「渋谷B+2」@SECO LOUNGE、おかげさまで無事に終了いたしました。
250名を超える方々にお越しいただき、楽しく賑やかなパーティーとなりました。
忙しい合間を縫って出演して頂いたアーティスト・DJの皆さん、そしてなにより当日遊びに来てくれたパーティー・ピーポーの皆さん、本当にありがとうございました〜!やったゼ!

イベント終了後は軽いお疲れ様会でした。日曜の深夜ということで目星い店が思いつかず、「やるき」まんまんな居酒屋に落ち着くことに。オリジナル焼酎「喜んで81」というシュールなボトルを発見、「カシャーサ51」みたいでなんか笑えました。

さて、そんな打ち上げの席でのこと。

90年代初頭に一世を風靡した渋谷系(と呼ばれた音楽)の話題に触れた折、僕が「ジナラブ、カッコいいよね〜」なんて言ったもんだから、さあ大変。

「ジナラブなんて言わないよー」「オリラブでしょ〜」「そんな言い方聞いたことねーよ」etc…集中砲火ですワ。

いやいや、当時多くの人がそう呼んでいたんですよ。少なくとも渋谷近辺では「ジナラブ」だったんだってば(『接吻』以降「オリラブ」って表記になったような気がする)。

ええ、別にどっちでもいいんですよ。ただ、なんかオモロいなーと思ったワケです、省略の仕方、呼び方の違い。誰が決めたんでしょうね。

確かに、普通に省略すれば「オリラブ」のハズですよ。
小沢健二は「オザケン」だし、山下達郎は「ヤマタツ」(僕は「たつろう」と呼びますが)で、ケンドーコバヤシは「ケンコバ」、ドラゴン・クエストは「ドラクエ」、「世界の中心で愛を叫ぶ」は「セカチュー」なワケですから。
ブラジル関係でいくと、アシェーの聖地・バイーア州のポルトセグーロは、日本のアシェー好きには「ポルセグ」って呼ばれてますな(「ワンセグ」みたい?)。
それが何故か「ジナラブ」。うーん、不思議だ。

皆さんはどっちで呼んでいましたか?(あと、全然関係ないけど「小林くん」って必ず「コバくん」になるけど、「山田くん」は「ヤマちゃん」になりませんか?)

ちなみにフリッパーズ・ギターは当時「パーフリ」って呼ばれてましたね。なんで業界用語風(=ジャズ界用語風)だったんだろ。でも「フリギタ」とは言いづらいし、苦肉の策だったのか?

アーティスト名、どう略すか。オモロイなあ。

近いところでは横浜の新進気鋭小サンバ集団mocidade vagabunda(モシダーヂ・ヴァガブンダ)のことを、僕はついつい「モシダーヂ」って言っちゃうんだけど、オフィシャルでは「mv(エムヴイ)」らしい(ちなみにファミレスのロイヤルホストって「ロイホ」じゃなくて、オフィシャルでは「ロイヤル」っぽいんだよな)。

あとファースト・ネームで呼ぶか、ファミリー・ネームで呼ぶかっていうのもありますよね。

ジョン・レノンは「ジョン」、ジョー・ストラマーは「ストラマー」。ポール・マカットニーが「ポール」でポール・ウェラーは「ウェラー」。
これはまあ、年功序列というか、単純に出てきた順ですわな。

ジョン・コルトレーンは「コルトレーン(トレーン)」、マイルス・デイヴィスは「マイルス」、ウェイン・ショーターは「ショーター」。
ありがちな方を避けるのが定説なのでしょうが、ジャズメンは世代によっても呼び方が違いそう。
イメージではファミリー・ネームが多い気がするなあ。
そもそも略すのってジャズ関係者から始まったっぽいッスよね。
コレは奥が深そうだ。今度中原仁さんにじっくり伺おうかと思います。


さて、でも何だかんだ言って、自分が慣れ親しんでいるものとは別の略称を耳にしたときって、やっぱり違和感がありませんか?ちょっとムカついちゃったりしませんか?

友人がカエターノの事を「ベローゾ」と言ったときは、「カエターノいいよね〜」なんて無駄に繰り返しちゃったり。ホントどっちでもいいんですけどね。

A Tribe Called Questのことをスチャダラ・ファンの友人が「クエスト」と言っていたときも、「トライブ」だろ!なんてツっこんでみたり。あ〜、ホントどうでもいいコトだ〜。

こういう意識って「お前、分かってね〜な〜」って思ってることの表れなのでしょうかね。「オレの方がお前より知ってるんだゼ」みたいな。
「ジナラブ」ということで「オレはずっと昔から好きだったんだゼ〜」ってことがアピールしたかったのか?

だとしたら小っちぇ〜な〜、俺(涙)、転じて人類(一緒にするなってか)。


略称はあくまで便宜的なものだから別に何でもイイんですよね。各個人が呼びたいように呼べばいい。カッコイイ音楽であれば「コレはテクノかハウスか」なんて厳密に区別する必要がないのと同じで。
誰が何と呼ぼうが、グッド・ミュージックであることが重要なんですね、ハイ。

そしてグッド・ミュージックはシェアし合ったほうが絶対楽しいハズだから、同じものが好きな人同士、無理して仲良くなる必要はないと思いますが、どっちが正解かとか追及しなくていいと思いまーす。

ジナラブでもオリラブでもどっちでもいい。ただ『夜をぶっとばせ』を共に聴こうじゃないか!ミタイナ。

以上、近年「シャレオツだね」etc…ふざけて業界用語を使っていたら完全にクセになり、若者にドン引きされることも多くなってきたバーテンの淋しい独り言でした、チャンチャン。

<追記>
ちなみに田島貴男ご本人はジナラブもオリラブも気に入ってないようですね。「俺はオリジナル・ラブだ!」みたいな。そういえば、かつて渋谷公会堂で「俺は渋谷系じゃねー!」って叫んだ有名なエピソードもあるし、彼らしくてグッときます。
posted by ベーマイストレス at 14:51| Comment(5) | ブログ

2009年03月21日

渋谷シアターTSUTAYAでライヴ出演者募集中!

Vinicius1_main.jpg

映画『ヴィニシウス〜愛とボサノヴァの日々〜』がいよいよ4月18日(土)から渋谷シアターTSUTAYAで公開されますが、この公開を記念して劇場1階のカフェ「Prologue」でボサノヴァライヴが行われます。現在出演者を募集中なので、我こそはという方は応募してみてはいかがでしょうか。詳細は以下で!

http://www.theater-tsutaya.jp/pc/news/?id=106

posted by ベーマイストレス at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2009年03月17日

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート ジャパン・ツアー2009

あのサンバ・ノヴァ成田さんが、またまた素晴らしいコンサートを企画しています。これは行かないと後悔する内容です。

―NRT presents―
レーベル設立5周年記念企画

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート ジャパン・ツアー2009
RENATO MOTHA & PATRICIA LOBATO Japan Tour 2009

ボサノヴァ以来の“詩的体験”。
今もっとも良質で洗練されたブラジル音楽を奏でるデュオ、
ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートによる初来日公演が決定。

企画・制作: NRT
協力: ラティーナ
後援: 文化放送 UNIQue the RADIO

※チケットのご予約については、各会場/プレイガイド/予約窓口までお問合せ下さい。

総合お問い合わせ窓口:
NRT
info@nrt.jp

さらに詳しくはこちらへ→http://www.nrt.jp/blog/2009/

posted by ベーマイストレス at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2009年03月11日

barquinhoでカシャーサ有料試飲会を行います。

cachaca.jpg

直前の告知になり、申し訳ございませんが、3月15日(日)にバルキーニョにてカシャーサの有料試飲会を行います。

カシャーサの輸入を行っている“ぷろじぇくとT&R”さん主催の今回の試飲会は、ミナス・ジェライス州のカシャーサに焦点を当てて開催いたします。
詳細は以下になりますのでご確認ください。

【日時】3月15日(日)16時〜18時
 試飲会終了後は24時まで通常営業いたします。

【料金】3,900円 (ミナス料理のおつまみ付き)
 カシャーサに限りがありますので予約制とさせていただきます。
    
【予約方法】メールもしくはお電話でお問い合わせください。
    03-3476-3097
posted by ベーマイストレス at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2009年03月10日

ボサノヴァとライトユーザーと日本のブラジル音楽事情、あるいはネット音楽の未来・2

 林伸次 http://barbossa.com/

 というわけで、インターネットと音楽の関係を考えてみます。

 やっぱり「CD」は末期状態だと思います。
 でも今の配信音楽の環境もどうも納得いっていません。

 で、考えたのですが、こんなのはどうでしょうか?

 まずPCを一台購入したら、必ず毎月1万円くらいを払う協会のようなものに強制的に加入させます。そしてそのPCを使ってネット空間にアクセスすればありとあらゆるソフトが全部無料になるのです。ソフトは音楽や小説や映画はもちろん、ウインドウズやリアル・プレイヤーなんかのソフトも全て無料で使えるわけです。

 じゃあ、どうやってそのソフトの開発者や音楽家はお金をもらうのか? 
 例えば私がビートルズのアビー・ロードを聴きにいって、一回クリックしますよね。するとそのクリック回数をカウントして、協会から印税が支払われるわけです。「いつ聴きに行っても全てが無料」という環境を作ってしまえば、ソフトを違法にコピーして安く売るという業者の存在は意味がなくなってしまいますよね。そして印税は現在の日本のジャスラックのように曖昧なお金の回収の仕方ではなくなりますよね。だって、確実にクリック回数だけが全てなんですから。

 勘のいい人はもうおわかりと思いますが、このブログを読んだのもカウントされていて、ゴウさんと東野さんと私に印税はその協会から支払われるわけです。もちろんどのブログに参加するのも全部が無料だから、一度インターネットという環境に参加すれば本当に誰もが「表現内容でお金持ちになるチャンス」があるわけです。

 やっぱりインターネットの優れた特徴は、全ての情報が無料で、全ての情報が対等、ということだと思います。そして、それを推し進めていったらもうこのシステムしかないな、と思うわけなんです。
 もちろん既得権益という問題があるから多くの組織(例えばジャスラック)や中国のような国がこのシステムに賛成しないとは思うんです。
 でも、優秀な芸術家やソフト開発者を守り、彼らの生活や未来を安定させるのはこのシステムしかないとみんな納得できると私は信じます。
 
 で、一方ではいつまで経っても「いや音楽ソフトはパッケージされたものが好き」という人はいます。そんな人達にはやっぱりデジタル・ソフトではなくアナログ・レコードを用意しましょう。ジャケットも昔のように大きいあれです。無料でいつでもその音楽が聴けるのに「いやいやこれだけはアナログで」なんて人がいるわけです。もちろん新聞だって、あの朝ごはんを食べながら両手で広げて読むのが好き、なんて人がいるわけです。良いと思いませんか?

 このシステム、おそらく国や国連といった国際的で公的な機関が介入しないと実現しないとは思います。そして各国の税金からもかなりの補助が必要なのでは、と思います。
 でも、でも、このシステムこそが全ての芸術家やソフト開発者を最終的には救う唯一の方法だと思います。

 以上、「ブラジル音楽の試聴問題」からおもいっきり話をぶっ飛ばして、いきなり核心だけ語ってみました。
posted by ベーマイストレス at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ